ニオイ対策にはこれをやってみて!

recommend-315914_1280

汗対策をしっかりしていても、におってしまうワキガ。
ワキガ体質で悩んでいる人はデリケートな問題なので、人にも相談しにくいので深刻だと思います。
そんなワキガの悩みを少しでも解消できる方法を紹介しましょう。

まず、市販の制汗剤は使わない事です。
市販の制汗剤は、普通の汗対策用として出来ています。

ワキガ体質の人の汗は、独特のニオイがあり、制汗剤のニオイと混ざってしまうと逆効果となります。
そこで、おすすめなのがワキガ用の制汗剤です。

ワキガ成分をしっかりと研究して作られているので、こちらの方が確実に効果があります。
また、肌が弱くないようであれば、海外の制汗剤はおすすめです。
欧米の人は、日本人に比べ、ニオイが強い傾向にあります。
ですから、消臭力も強力な多いようです。

ただ、香りが強すぎる事もあるので、その点には注意です。

それから、ニオイを気にしすぎない事です。
脇から出る汗は、神経性の物が多く、緊張したり意識しすぎる事で出てしまいます。
難しい事かもしれませんが、気にすれば気にするほど汗は出てしまうのです。

汗さえ出なければ、ニオイも発生しません。
意外とワキガの人は、ニオイを気にしすぎてしまうところがあります。
汗に意識を向けない事で、不思議と汗も出なくなるので、試してみる価値ありです。

ワキガは体質もあるので、なかなかしっかりしたケア方法がありません。
少しでもニオイを軽減して悩みから解放される事につながればと思います。

わきがという悩ましい症状

ok76_iphone6hikusugi20141221141320_tp_v

最近はスメハラ(スメル・ハラスメント)という言葉が確立されてきました。スメハラというのは、ハラスメントの一種で、匂いによるハラスメント、という意味です。特に、社会人の男性の皆様にとっては(男性に限りませんが)、同僚の女性から軽蔑されてしまう可能性がある、非常に深刻な問題です。

わきがという症状は、非常に悩ましいものです。それは、わきがという症状は、自らでは気づきにくいからです。人間は常に自分の臭いを嗅いでいるため、自分自身の臭いにはあまり敏感になることができません(その臭いが状態化しているからです)。

周囲にアドバイスをしてくれる方がいればいいですが、臭いというのはデリケートな問題であるので、周りは言いたくても言えない、という状況が散見されます。

仮に、周囲になんらかのアドバイスをされた、もしくは、自分自身で違和感を覚えた場合、どのような対策を取ればいいでしょうか。結論から言えば、わきがという症状については、セルフケアに限界があります。つまり、素人の判断で薬や制汗スプレー、その他の医薬品を試してみても、なかなか効果的な対策にはならないでしょう。

そこで、まず取るべき行動は、医師、特に専門医の診察を受けることです。多少の恥ずかしさがあるかもしれませんが、背に腹は代えられないでしょう。まずは行きつけの皮膚科に行くのもいいでしょうが、最初から専門医を尋ねるという選択肢も良いと思います。

とにかく大切なことは、自己流に走らず、専門家の判断を仰ぐことです。

わきが

わきがは本人にとったら大きな問題です

わきが

私は思春期の頃からわきがに悩まされていて、なぜ自分だけが臭いがキツイのかなと考えていました。
私の場合は父親からの遺伝だったのですが、色々と臭いを消すために努力をしていました。
市販の制汗スプレーなどは全くききませんでしたし、わきが用のクリームなどはそれなりの効果がありました。

しかし汗で流れてしまったりすることがありましたし、わきに汗をかいた時に服のわきの部分が黄色っぽくなったりすることも
不潔に見えると悩みました。

わきをきれいに洗って、細菌がたまらないように毛を剃るということはもちろんのこととして気をつけていましたが、それでも根本的な解決には
至らず、私の場合は最終的に手術をしてわきがの問題を解決しました。

わきがの臭いの元となる腺を取り除く手術を受け、両わきで30万円、保険は効きませんでした。
手術は2時間程度の日帰り手術で、局所麻酔で行うことができました。

結果としてそれから10年が経過しますが、臭いは再発することもなく、臭いを気にしない生活がこれほど快適なのかということを実感しています。
好きな服を着られる、臭い気にしなくても良いというところで、おしゃれにも余裕が出てきましたし、女性としてもずっとわきが体質でいることは
負担が大きいと思うので良かったです。